2016年GP TOYS開発計画:3DVRメガネよりFPVドローンを体験!

1.GP TOYS FPVドローンは高画質2.4G500万画素空撮を実現!

ラジコン飛行機は飛行する機体を見ながらぐるぐる頭上を回すものと思っていましたが、FPV(First Person View Fight)というものが登場してラジコン飛行機の概念が変わってきました。

機体に搭載したカメラで飛行前方を捉え、この映像を無線で地上の操縦者に送ってくるというものです。操縦者はこの映像を映像モニタで見ながら、機体を操縦しますので、まるで鳥なったバードビュや飛行機の操縦席に座ったコックピットビューが楽しめます。
2016年1月14日に開催されたHong Kong Toys & Games FairでGP TOYS FPVドローンが見事な外観且つ優れたヘッドレス帰航機能で人の目を集ましました。高画質の2.4G500万画素空撮が実現可能!

gptoys fpv

2.安価で手軽なVRシステムのサポートを続けいてのはGP TECH 3DVRメガネ!

2012年Oculus Riftというバーチャルリアリティ(Virtual Reality,略語としてVRとも)技術を採用したヘッドマウントディスプレイの発表を初めに、“VRメガネ”という概念は世界において大騒ぎを起こしました。

2014年Google I/OでGoogle Cardboardが発表されました。折りたたみボール紙製の本体に手持ちのスマートフォンと組み合わせて、レンズが部品として付属し、目の周辺に装着することでバーチャルリアリティ験ができる。更に2016年1月に開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー (Consumer Electronics Show, CES)でSamSung・Gear VRやSONY・PlayStation VR(プレイステーションブイアール)の披露が世界を注目しました。

GP TECH 3DVRメガネは安価で手軽なVRシステムとしてサポートを続けいて、2016年1月アマゾンで登場してから、低価格それに優れた性能で2月間しかなしオンーベストセラーになり、大人気を集ましました。

gptoys vr-glasses

3.2016年GP TOYS開発計画:3DVRメガネよりFPVドローンを体験!

FPVドローンに仮想現実テックを採用して、ヘリコプターを操縦しながらリアリティ感を体験できるのはユーザーがもっと楽しめるでしょう。GP TECHの開発者がそう思っています。だから、2016年GP TOYSの開発計画として、今研究しています!

2016年GP TOYSを期待しましょう!